あなたなら、老後に一人暮らしになった場合、マンションに住みたいですか?

それとも一戸建てに住みたいですか?

 

昔(十数年くらい)だったら、きっと、皆さん声を揃えて、「一戸建て」という答えが返ってきたことでしょう。

 

賃貸アパート → 分譲マンション → 一戸建て

と、住み替えるたびにステップアップしていくのが一般的でした。

 

しかし、現在では、

最後はマンションにと、いう方が増えてきているようです。

 

または、都心や街に近い一戸建てを売却し、郊外のやや古めのマンションや地方に一戸建てを購入する人が増えているようです。

 

住宅のステップダウンですね。

 

それもそのはずです。

 

老後には収入は激減、年金だけの収入となります。

 

老後の年金と貯蓄(収入)と生活費(支出)の差額が赤字になるという現実が、様々なところで取り上げられているのですから、自分の老後は不安になります。

 

また、

すでに子供も独立し、自分たち二人だての生活になってしまって、不用な部屋も増えてきた。

 

二人だけなので、一階だけの生活で十分になってきた。1階以外の使っていない部屋を掃除するのがおっくうになってきた。

 

などなど、若い時には考えられなかった身体の衰えなどのために、一戸建ての住居は不便になってきているのです。

老後一人暮らしの一戸建てでの生活はどうなる?

現在老後になってしまった方たちの若い時代は、

「購入しておけば何かあったら売却できる資産を持つことになる」と、いう考えが一般的でした。

 

都心や都心に近くてその上一等地で土地も広く・・・という方は例外ですが

普通は、現在、一戸建ては余っているのが現状です。

 

子どもも独立、配偶者もいなくなり、今は一人暮らしになってしまった方が、広い2階建てまたは3階建ての一戸建て生活。

想像しただけでも、持て余してしまうことは明らかです。

 

持ち家があれば住むところに困らないはずが、簡単に住み替えることもできなくなり、その維持管理に生活を圧迫してしまう状況が生まれてきます。

 

それでも、家のローンはすでに終わり、固定資産税と家の管理費のみの生活であれば心理的には安心でしょう。

 

しかし、もし、土地が広く庭もある程度の広さがあるとしたら、老後に一人で管理することは難しくなり、そのためのメンテナンスの費用もかかるようになります。

 

また、そのメンテナンス費用には定期的に交換しなければいけない水回り(給湯器は大体10年くらいで交換します。その費用は1012万くらい~)なども含まれます。

 

家が古くなれば外装費用、または外装修理費用なども含まれます。

また設備が壊れても個人負担になりますね。

 

一戸建ては、ローンが終わった、購入したからお金がかからないというわけではないですね。

老後の一人暮らしはマンションに住んだ方がいいのは何故?

これは私の住む町の場合ですが、

一戸建てに住むご老人が楽しく世間話・井戸端会議をできる状況ではなくなっています。

 

回りの一戸建てに住んでいたご老人が亡くなると、その家は解体されすぐに新築の家が建ちます。そして若い共働きの夫婦が越してくるのです。

 

独立して家を出た子供たちは、誰も住まなくなった家をすぐに売却する傾向にあるのです。

 

そんな中で、

老後に一人暮らしになってしまった方たちが外出して楽しげにしている姿はあまり見受けられません。たまに、老人会の方などが訪問はされていますが・・・

 

また、これも私の仕事上でよく遭遇する場面ではありますが。

 

足が悪い・腰が痛いと言った風な一人暮らしのお年寄りの家には、ゴミがあふれかえっているところも多々あります。

 

玄関先から足の踏み場がないんです。

 

「汚い!」と、最初に思います。が、よく話を聞いてみると、

腰が痛くて、片付けができない。足が思うように動かなくてゴミ出しも面倒など、の理由があるのです。

 

一見、世間を騒がせているゴミ屋敷のようですが、そんなゴミ屋敷とは違います。

 

そういう場面を見ている私は、

自分が老後一人暮らしになったら、今の一戸建てを売却して賑やかでなくてもいいから公共施設が近くにある分譲マンションに住もうかなと思っています。

老後の一人暮らしのマンションの利点

 

マンションに住む安心なメリット

安全性が高い

室内に段差が少ないので、つまづいて転倒することも少ない(一戸建ては段差が多い)

 

セキュリティ性が高い

マンションのエントランスなどの人が出入りするところには監視カメラが付いているところが多い。

また、エントランスは、オートロックになっているところが多い。

 

管理人がいるところが多い

人の出入りを管理してくれるので安心。また郵便物、小包なども受け取って貰えます。

 

自然災害に強い

一戸建てと違い自身・強風・雨などに強い建物。

水のある所に近い場所であれば、増水しても避難できる高いところがある

 

マンションで生活するためのメリット

日当たり、風通し、眺望が良い(低層階は除く)

一戸建てに比べると、日当たりや風通しなどは断然いい。

 

暖房費・冷房費が節約できる

一戸建てに比べて、周りを囲まれているため暖房・冷房の空気が逃げないため効率が良い。

日当たりが極端に良すぎる角部屋だったりする場合は例外ですが。

 

家に入るために鍵一本で済む

 

家事をする動きなどが少なくてよい

ワンフロアで段差がないので掃除しやすい。一戸建てと比べて広さに限りがあるので洗濯物を干したり、布団を干したりするときの移動が楽です。

 

お金(出費)のメリット

火災保険料が安い

マンションは木造住宅の一戸建てに比べて保険料が安いのです。

 

修繕積立金

一戸建ては、突発的に様々な出費が出る可能性がありますが、共用部分の修繕計画が決められているので、突発的な出費は基本的にはありません。

 

不動産として相続させやすい

(一戸建ては、相続しても修理修繕の箇所が多くて相続させられても余計な出費が重なることがある)

まとめ

一戸建ての状況

家のローンが終わっていても、維持費がかかる

定期的に交換しなければいけない水回り、外装費用、または外装修理費用、突発的な修理などの定期的・突発的な予測不能な出費がある

 

段差が多い

2階建て・3階建てになれば、階段の上り下りなどが、負担となってくる。

 

安全性にかける

外とを隔てるドア・窓がたくさんあるので、鍵をかけ忘れたりしたら不用心。

 

マンションの状況

生活面のメリット

・安全性が高い

・セキュリティ性が高い

・管理人がいるところが多い。

・自然災害に強い

 

支出面のメリット

・火災保険料が安い。

・修繕積立金

・不動産として相続させやすい

 

老後の一人暮らしのマンションと老後の一人暮らしの一戸建て、どちらが良いか比べてみていかがでしたでしょうか?

 

現在では、高齢者向けのバリアフリー化されたマンションも多くあります。

 

マンションを購入される場合は、バリアフリー化されているかどうかも確認されるとよいと思います。

 

老後の生活の実態! 老後破産・下流老人にならないための対策!

女性の一人暮らしが老後に必要な資金を計算してみた結果は!?